【山口県】国宝を無料で観賞できるパワースポット香山公園!&美人湯一ノ俣温泉の庭園が見事な老舗旅館

山口 #パワースポット #ふぐ料理 #温泉
2022.03.23

 

香山公園

 

歴史と変遷

 

香山公園は、1988年に3.7haの敷地を整備した都市公園です。園内には国宝の5重の塔を始め、13代藩主毛利氏や薩長連合の歴史に纏わる建物、有名な文学者の歌碑や祈念碑が建てられています。

 

春には梅や桜、初夏にはつつじや紫陽花、秋には紅葉の名所としても知られています。特に170本のソメイヨシノが園内をピンクに染める春は花見の名所です。毎日美しく整備され無料とは思えない完璧な公園は、「日本の歴史公園100選」にも選ばれ、市民や観光客の憩いの場となっています。

 

見所

 

(1)瑠璃光寺

 

安養寺は、この地で全盛を極めた大内氏の重臣陶弘房を弔うため1471年に建てられました。1492年には瑠璃光寺と改名され、1690年に今の土地に移転しました。本尊は薬師如来で曹洞宗の寺院です。

 

(2)国宝瑠璃光寺五重塔

 

五重塔は応永の乱で戦死した25代大内義弘の菩提を弔うため、弟の盛見が建立したものです。全国に現存する五重塔の中で10番目に古く、法隆寺などと並んで日本三名塔の1つに数えられています。高さは31.2m、屋根は檜皮葺造りで室町中期の傑作と言われ、夜間はライトアップもされています。

 

(3)枕流亭

 

かつて道場門前にあった安部半助方の枕流亭の2階に「薩摩の西郷隆盛、大久保利通」と、「長州の木戸孝允ら」が薩長連合の推進のために集まり、幕府を倒す連合討幕軍の結成を誓ったという歴史があります。後に、この公園内に当時のまま移築されたものです。

 

(4)露山堂

 

露山堂は13代藩主・毛利敬親が建てた政事堂の近くに作った茶室で、実質的には茶事にこじつけて討幕の密議をしていたと言われています。1891年に現在の地に移築されました。今も茶道の会が開かれ、春と秋には観光呈茶席が設けられています。

 

(5)香山墓地

 

毛利敬親以降の毛利本家13代~15代の墓が7基置かれています。

 

(6)鴬張りの石畳

 

毛利家墓所に向かう石畳の階段は、手を叩いたり足踏みしたりすると前の石段に反響して美しい音が返ってきます。作為的な工夫がされているわけではなく、自然の現象だそうで不思議スポットとして人気があります。

 

(7)記念碑・彫刻

 

公園内には、山口県に纏わる武将や文人の銅像や記念碑がいくつか建てられています。

 

【大内弘世像】


大内氏24代当主で、京風の町造りを発起し「西の京」といわれる街並みを築いた領主です。文学を愛し、社寺の建立保護に努めるなど文武両道の名将でした。

 

【雪舟像】


山口の雲谷庵をアトリエとして活躍した水墨画家雪舟の銅像が、庭に面して建てられています。

 

【司馬遼太郎文学碑】

 

石碑には作家司馬遼太郎の「街道をゆく」の「長州路」の中で、五重塔を見た感想が刻まれており、五重塔の脇に建てられています。碑には「長州は、いい塔を持っていると、惚れぼれするおもいであった。長州人の優しさというものは、山口に八街九陌をつくった大内弘世やザビエルを保護した義隆などの大内文化を知らねばわからないような気もする。」と記されています。

 

【若山牧水歌碑】

 

誌人牧水が21才の時、東京から宮崎に帰省途中、この五重塔を訪れて詠んだ歌が記された歌碑が五重塔の脇に建てられています。「はつ夏の 山のなかなるふる寺の 古塔のもとに 立てる旅人」という歌です。

 

パワースポット

 

瑠璃光寺の本堂には参拝すると、「パワーを授かる」と言い伝えのあるスポットが幾つか点在します。

 

【大念珠】

 

本殿前に吊らされた大きな数珠で、心静かに無病息災を願って1球ずつゆっくりと8個まで落とすと、煩悩を払えると言われています。

 

【賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)】

 

お堂の手前に祀られた「なで仏」の仏像で、病気や怪我のある身体の部分をなでると治ると言われています。

 

【知足の手水鉢】

 

手水鉢の4方の文字と中央の「口」の字を合わせてできる4つの漢字「吾唯足知=現実に不平不満を言わず感謝し前進を誓う言葉」を見ると、パワーがみなぎると言われています。

 

【佛足石】

 

石の上に釈迦の足を象ったもので、願い事を唱えながら撫でると願いが叶うそうです。

 

香山公園 詳細情報

 

詳細情報

料金
無料
休業日

営業時間
24時間
住所
〒753-0081 山口県山口市香山町7-1
電話
083-934-6630 ※香山公園前観光案内所
アクセス
・電車&バス

JR山口駅から山口コミュニティバス「香山公園五重塔前行き」に乗車し、「香山公園五重塔前」で下車 約15分

・車

中国自動車道「小郡IC」から国道262・269号線を経由し8km 約20分
駐車場

公式ホームページ:https://yamaguchi-city.jp/details/aa_kozan.html

※情報は2022年3月時点のものです。最新情報は、ホームページをご参照ください。

 

一の俣温泉グランドホテル

 

歴史と変遷

 

山間に数件しかない隠れた温泉郷一ノ俣は、「にっぽんの温泉100選」にも選ばれるほどの良質の温泉を有しています。また、同ホテルは1966年創業で、広大な日本庭園を持つ良質の温泉を堪能できる高級旅館です。2001年には、お風呂を大々的にリニューアルしています。

 

見所

 

(1)庭園

 

建物の前には山を借景に見事に手入れされた日本庭園が広がり、ロビー、渡り廊下、部屋など、どの位置からも庭が観賞できるように配置されています。

 

(2)温泉

 

軟水の良質な温泉で、しっとりと肌に滑らかな「美人の湯」として知られています。四季の自然の中で癒される大露天風呂の他、pH10のトロトロの美人湯が楽しめる内湯、家族で楽しめる貸切風呂「ほの香(桶風呂)」と「ゆの香(石風呂)」などもあります。

 

(3)料理

 

四季折々の山菜だけでなく、日本海の幸にも恵まれています。山口名物のフグ料理の他、イノシシ料理、地魚のお造り、地元豊田町のフルーツなど、旬の食材を活かした地元料理が人気を呼んでいます。

 

一ノ俣温泉グランドホテル 詳細情報

 

詳細情報

料金
メニューごとに異なるため、ホームページ参照
休業日

チェックイン
15:00~ ※18:00以降になる場合は連絡
チェックアウト
10:00まで
営業時間
・お風呂:宿泊者は6:00-23:00、日帰り入浴で利用する人は8:00-21:00

・食事処 緑風庵:11:30-15:00(ラストオーダーは14:30) ※休憩は10:00から可能
住所
〒750-0403 山口県下関市豊田町一の俣
電話
083-768-0321
アクセス
・電車&バス

JR小月駅から無料シャトルバスで旅館まで直行 約45分

・車

広島方面からお越しになる場合、山陽自動車道「美祢IC」から国道435号線を経由

福岡方面からお越しになる場合、中国自動車道「小月IC」から国道491号線を経由

駐車場

公式ホームページ:https://ichinomata.co.jp/grand/

※情報は2022年3月時点のものです。最新情報は、ホームページをご参照ください。

 

まとめ

香山公園は特に有名な観光名所ではないにも関わらず、日本3大名塔に数えられる五重塔や600年の歴史をもつ本殿などがあります。歴史的な建造物や見事な庭園を擁し、入園料が無料なので驚くばかりです。開放感も相まって心も優雅で豊かになり、存分に散策を満喫できました。山口に立ち寄られた際は、歴史ある瑠璃光寺でパワーを授かり、夜は良質な温泉で癒されてみてはいかがでしょう。