美味い・絶品・簡単!自宅でも食べられるおすすめのインド料理6選!

グルメ

中国に続いて人口大国として知られるインド。

 

昨今では、経済の発展でも注目を浴びています。

 

そんなインドですが、現地の料理が美味しいことでも有名です。

 

インド料理って聞くと、無性に食べたくなる人も多いのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、自宅でも食べられるおすすめのインド料理をご紹介いたします。

 

①本場の味を楽しめる?カレー

 

インド料理といったら、第一にカレーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

 

インドのカレーは日本のカレーのように小麦粉を使わないため、汁気が多くてサラサラしているのが特徴です。

 

では、インドで誕生したカレーには、どのような種類があるのか見てまいりましょう。

 

バターチキンカレー

 43niwk5cenne7ucr22ph_320_400-58a2106e.jpg 

意外とよく耳にするバターチキンカレーは、インドで生まれた食べ物です。

 

インドでは、ムルグマッカーニと呼ばれています。

 

濃厚なバターにトマトの甘み、チキンの味が絶妙にマッチングし、一口入れるだけで口全体に旨味が広がっていきます。

 

カレー好きなら一度は食べてほしい一品です。

 

→バターチキンカレーの作り方はこちらから ※cookpadより

 

キーマカレー

  h338bu6g64yya3cb98ar_320_400-9d9d93b6.jpg

キーマカレーは、ひき肉に野菜、スパイスを混ぜて作るカレーです。

 

インドでは、キーママターと呼ばれています。

 

他のカレーのようにルーや汁よりも、具材がメインになっています。

 

また、野菜が多く含まれているため、ヘルシーなカレーとして人気が高いです。

 

→キーマカレーの作り方はこちらから ※cookpadより

 

マトンカレー

  swg5bi9jmh4s4jer2b45_320_400-b4d9d3db.jpg

マトンカレーは、羊の肉と玉ねぎを使ったカレーです。

 

インドでは、マトンドピアザと呼ばれています。

 

強力なスパイスで羊の臭みを消し、そこに玉ねぎ(甘味)を加えることで、スパイシーでまろやかなカレーが完成します。

 

→マトンカレーの作り方はこちらから ※cookpadより

 

ダールカレー

  wo9itivhtmyekvs26fox_320_400-81a976d8.jpg

ダールカレーは、豆を使ったカレーのことです。ダールはヒンディー語で、豆類の総称を指します。

 

カレーに使う豆に指定はなく、ご自身に好みに合わせた豆から作ることができます。

 

豆を使うことで肉の代わりにタンパク質を補えるため、ベジタリアンの方からは大人気のカレーです。

 

本記事では、ミックスダルを使った簡単に作れるダールカレーのレシピをご紹介いたします。

 

→ダールカレーの作り方はこちらから ※cookpadより

 

②パリッとモチモチ!パン

 

インドのパンは、日本のパンとは違った特徴があります。

 

有名な2種類のパンをまとめましたので、見てまいりましょう。

 

ナン

  vtrb88pw69p4hsoobvkb_320_400-e5307947.jpg

ナンとは小麦粉(精白粉)を練って発酵させた後に薄く伸ばし、タンドゥールと呼ばれるかまどに貼りつけて焼き上げるパンです。

 

主にカレーとの組み合わせで食べることが多いですが、チーズナンなど、ナンだけでも楽しめるレシピもあります。

 

また、現地ではかまどを用いて作りますが、フライパンで作ることもできます。

 

本記事では、フライパンを用いたレシピを紹介いたします。

 

→ナンの作り方はこちらから ※cookpadより

 

チャパティ

  pc7rcwr6rondkb9avrgc_320_400-9db48c45.jpg

チャパティとは、小麦粉(全粒小麦粉)を円型に平たく焼いたパンのことです。

 

パリッとしているのが特徴で、具材を包んで食べる際に用いられます。

 

ナンとの違いは、使用する小麦粉のタイプと発酵の有無ですね。※チャパティは発酵不要。

 

ただ、実際に作る際は全粒小麦粉に拘る必要はなく、薄力粉で作るのもありです。

 

本記事では薄力粉を使ったレシピをご紹介いたします。

 

→チャパティの作り方はこちら ※cookpadより

 

③スパイスの旨味抜群!タンドリーチキン

  uv6wwnevi9iec5rieteh_320_400-793ee134.jpg

日本でも馴染み深いタンドリーチキンですが、実はインド料理の1つでもあります。

 

タンドリーチキンは、ヨーグルトやカレー粉、塩、唐辛子、ニンニク、生姜など、様々なスパイスと鶏肉を混ぜて半日程度漬け込んだ後に、香ばしく焼き上げます。

 

鶏肉とスパイスが絶妙にマッチングし、口の中に旨味が広がります。

 

→タンドリーチキンの作り方はこちらから ※cookpadより

 

④ベジタリアン必見!サブジ

  muvp6rti4cfgdvuiddv8_320_400-1d3cc903.jpg

サブジとは、野菜の蒸し煮・炒め煮のことで、ベジタリアンに愛されている食べ物です。

 

香辛料を用いることで、野菜にスパイシー感を出すことができます。

 

また、料理に使う野菜は特に決められておらず、色々な野菜から作れます。

 

本記事では、cookpadで紹介されているズッキーニ、きのこ、カリフラワーを主にした3パターンのレシピを紹介いたします。

 

→ズッキーニのサブジの作り方はこちらから ※cookpadより

 

→きのこのサブジの作り方はこちらから ※cookpadより

 

→カリフラワーのサブジの作りからはこちらから ※cookpadより

 

⑤軽食で食べやすい!サモサ

  gzhbf5tk72es73stfon4_320_400-87ed9eed.jpg

サモサは、小麦粉と水で作った皮の中に具材を入れて油で揚げる料理です。※イメージするなら春巻きや揚げ餃子に近い感じです。

 

インドでは、軽食メニューとして食べられます。

 

皮の中に入れる具材は、ジャガイモや玉ねぎ、ひき肉、とうもろこし、えんどう豆など、様々です。

 

また、スパイスとしてカレー粉を使うこともあります。

 

ご自身の好みに合わせて具材を入れると良いでしょう。

 

→サモサの作り方はこちらから ※cookpadより

 

⑥食後のデザートに!ラッシー

  a3gk33fwyaj3fysgwpf3_320_400-08b95dec.jpg

ラッシーは、ダヒーと呼ばれるインドのヨーグルトと牛乳をベースに、レモン汁を混ぜて作るデザート(飲み物)です。

 

レモンとヨーグルトの酸味がいい感じに、口の中をさっぱりとさせてくれます。

 

食後のデザートや疲れたときにゴクリと飲めば、爽快感を得られること間違いなしです!

 

また、現地ではダヒーを用いて作られることが多いですが、ダヒーではなくプレーンヨーグルトで作っても大丈夫です。
 

→ラッシーの作り方はこちらから ※cookpadより

 

まとめ

 

海外の料理って聞くと、専門の料理店にでも行かないと食べられないイメージがあります。

 

しかし、料理のレシピ本を参考にし、スーパーで売られている食材を集めれば意外と簡単に作れるものです。

 

昨今ではインターネットの発達もあり、携帯からでも気軽にレシピを調べられるようになりました。

 

そのため、インド料理を食べてみたいと思った人は、一度作ってみてください。


 

みんなからのコメント

カレンダー

2021/7
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

ページ先頭へ戻る
読み込み中です